イベントEVENT

井上陽一の活弁映画シリーズ4
4月11日(土)
井上陽一の活弁実演も回を重ねて4回目。今回は阪妻の「坂本龍馬」と、上映の機会が少ない浪曲映画「召集令」の二本立て。幕末と明治の激動の時代を描いた作品を弁士の名調子でお楽しみください。
 

井上陽一(弁士)
いのうえよういち。1938年、姫路市生まれ。浜星波に師事。60年から活動写真弁士として活躍。02年「OSAKA映像フェスティバル」で『雄呂血』、04年の京都映画祭では『特急三百哩』『からくり蝶』、08年には『実録忠臣蔵』を名調子で活弁するなど、各地の映画祭等で活躍。関西唯一の現役弁士である。

「召集令」
(1935/約60分/16mm)
監督・脚色:渡辺邦男 原作・口演:東家楽燕 撮影:横田達之、渡辺五郎
出演:中田弘二、中野かほる、高木永二、広瀬恒美
 
明治の日露戦争時、病床の妻と幼い二人の子供をかかえる夫の元に召集令が届いた。突然の事態に家族の運命は一変、残された家族には貧苦の悲劇が待っていた。戦時における家族の愛情を描いた感動的な作品。本来は原作者である東家楽燕が口演する浪曲映画でパートトーキーだが、音声欠落につき全編活弁を付して上映。
 
 
「坂本龍馬」
(1928/26分[18fps](部分)/16mm)
監督:枝正義郎 脚本:冬島泰三 撮影:友成達雄
出演:阪東妻三郎、森静子、泉春子、中村琴之助、志賀靖郎
 
大政奉還に大きな役割を果たした幕末の英雄、坂本龍馬を時代劇の大スター阪東妻三郎が熱演。慶応3年、京都の近江屋で龍馬が暗殺されるクライマックスを中心にした残存部を上映。現在は太秦の東映京都撮影所となっている場所にあった「阪妻プロダクション」の珍しい映画。
 

《料金》
一般1800円 学生・シニア1500円
会員1500円 学生会員・シニア会員1300円

これまでのイベント|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。