イベントEVENT
2010 10

『哲学的なものと政治的なもの:開かれた現象学のために』刊行記念イベント
第1部「多民族・多文化共生社会を考える」
2010年10月2日(土)13:30
『哲学的なものと政治的なもの:開かれた現象学のために』(松葉祥一著・青土社刊)の刊行を記念して、多民族・多文化の共同体のありかたを考えるイベントを開催します。
映像を提供するのは、長田区鷹取で多文化な背景を持つ子供たちによる表現活動に取り組むRe:C(レック)。上映後の座談会では、この活動に携わるメンバーを交えて、地域共同体や外国人との共生について話し合います。
13:30~ イントロダクション:松葉祥一(神戸市看護大学教授)
14:00~ Re:C制作の映像上映
      「MC NAM PV オレの歌」(約5分)
      「長田のベトナム人大集合! ベトナムの旧正月」(約5分)
       ほか数本
15:00~ 座談会
      出席者:松葉祥一
          国本隆史(多言語センターFACIL)
          村上桂太郎(多言語センターFACIL)
      ゲスト:MC NAM
     (終了予定16:00)
 

 

松葉祥一
1955年生まれ。神戸市看護大学教授。メルロ=ポンティをはじめとする哲学思想研究を行うと同時に、様々な社会問題の現場と積極的に関わりながら、身体論、社会共同体論、臨床医学といった多岐にわたる領域で、個人の自由、他者との共存、新たな共同性はいかにして可能かを実践的に問いかけている。著書に、『哲学者たちは授業中』(ナカニシヤ出版、共著)、『普遍性か差異か』(藤原書店、共著)、『ポストコロニアリズム』(作品社、共著)、『ナースのための実践論文講座』(人文書院)など、翻訳書に、タハール・ベン・ジェルーン『娘に語る人種差別』(青土社)、エティエンヌ・バリバール『市民権の哲学』(青土社)、ジャック・ランシエール『不和あるいは了解なき了解』(インスクリプト、共訳)、ジャック・デリダ『友愛のポリティックス』(みすず書房、共訳)などがある。

《料金》 無料

 
主催:神戸映画資料館、特定非営利活動法人 多言語センターFACIL、ワールドキッズコミュニティ
協力:青土社
 
[関連サイト]
Re:C 多文化な背景を持つ子どもたちによる表現活動
ワールドキッズコミュニティ
青土社


『哲学的なものと政治的なもの:開かれた現象学のために』刊行記念イベント
第2部「友愛・自由・抵抗」
2010年10月2日(土)18:00
戦いの轟きの声を聞き、言葉の力を読み、「よそ者」として排除する論理に歓待と友愛のポリティックスを対置させる。松葉祥一氏の『哲学的なものと政治的なもの』を手がかりにして、ジュネやアルトーなど文学、芸術、そして哲学、政治まで、あらゆる領野において、個人の自由、他者との共存、新たな共同性はいかにして可能かを縦横無尽に語るトークセッション。
18:00~ トーク
      出席者:鵜飼哲(一橋大学教授)
          鈴木創士(作家、翻訳家)
          松葉祥一(神戸市看護大学教授)
     (終了予定19:30)

鵜飼哲
1955年生まれ。一橋大学教授。著書に、『抵抗への招待』(みすず書房)、『応答する力』(青土社)、『主権のかなたで』(岩波書店)など。翻訳書に、ジャン・ジュネ『恋する虜』(共訳、人文書院)、『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』(現代企画室)、『シャティーラの四時間』(インスクリプト、共訳)、ジャック・デリダ『友愛のポリティックス』(みすず書房、共訳)などがある。

鈴木創士
1954年生まれ。作家、翻訳家。 著書に、『アントナン・アルトーの帰還』、『魔法使いの弟子』(現代思潮新社)、『中島らも烈伝』(河出書房新社)など。翻訳書に、アントナン・アルトー『神の裁きと訣別するため』(共訳、河出書房新社)、『アルトー後期集成』(共同監修、河出書房新社、共訳)。エドモン・ジャベス『歓待の書』(現代思潮新社)、ジャン・ジュネ『花のノートルダム』(河出文庫)、アルチュール・ランボー『ランボー全詩集』(河出文庫)など。現代思潮新社「エートル叢書」監修。

《参加費》 500円
*ご予約受付中 info@kobe-eiga.net

主催:神戸映画資料館
協力:青土社
 


月光 展
2010年9月7日(火)〜10月4日(月)[水・木 休み]
 会場:新長田ギャラリー(神戸映画資料館すぐ横)
 
 

 主催・問い合わせ  神戸プラネット(神戸映画資料館)info@kobe-eiga.net
 企 画  椿崎和生、神戸プラネット
 協 力  新長田まちづくり(株)


第8回ホームムービーの日 「思い出すこと、あるいは見つめなおすこと」
2010年10月16日(土)
 
「ホームムービーの日」という世界的な記念日があるのをご存知ですか?
家庭の押入れに埋もれているような名もなきフィルムに光をあてようと、毎年10月16日に、各家庭や地域で忘れられ眠っているフィルムが持ち寄られて上映イベントが催されます。
映写機のカタカタという音や光と共にスクリーンいっぱいに映し出しされた家族の映像。そんな映像は、その家族にしか価値を持たないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。その映像から当時の時代の風俗や他の人の記憶など、新しい「何か」を見つめなおすきっかけが生まれるのです。
過去を「思い出すこと」「見つめなおすこと」は、「今・ここ」に生きる私たちの生活のかけがえのなさを知ることにつながるのかもしれません。
13:00~15:00(予定) 一般公募ホームムービー上映
 [特別上映]《エトナ映画の自画像》~立命館大学ARCコレクション~
京都映画史の調査とアーカイブを行う「京都文化デジタル・アーカイブ–マキノプロジェクト」が収集、復元してきた映画コレクションから、エトナ映画社社撮影所所長の田中英一氏(1916-2007)旧蔵のプライベートフィルムを紹介。(計 約45分/18fps・35mm・白黒・無声)
 ■解説:冨田美香氏(立命館大学映像学部准教授/マキノプロジェクト代表)
「ロケーションの想ひ出」
「エトナスタジオ」
「素人演藝名流大会」
「カメラマンの想い出 昭和10-20年頃」
 
15:15~    「左義長」(1959年1月15日の記録/約10分/16mm/サイレント/神戸市)上映
「左義長」は、平安時代の988年に始まったと伝えられる長田・駒林神社の伝統行事。三基の「お山」のうち二基が東西に分かれ、網入れの優先権をかけて、倒しあいをして争った。争いは壮絶を極め「駒ヶ林のけんか祭り」と言われたという。
護岸工事が決まった1959年の最後の「左義長」を記録したのが、今回上映するフィルム。その後、1993年のアーバンリゾートフェアで再興された。
 

ホームムービー募集
8mm、9,5mmから16mmフィルムまで、ご家庭に眠るフィルムを幅広く募集中です。
お持ちの方はお気軽にご連絡下さい。
なるべく9月28日までにお問い合わせ下さい。
お問い合せ:078-754-8039(神戸映画資料館)
      kaurisumaki9◎hotmail.com
(◎を@に替えて送信してください/世話人:和田)

《料金》 無料

 
主催:神戸映画資料館(世話人:和田)
協力:神戸市
 
[関連サイト]
第八回ホームムービーの日公式HP


これまでのイベント|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。