運営

神戸の新たな文化発信拠点として2007年に設立された神戸映画資料館では、2009年から「神戸ドキュメンタリー映画祭」を開催してきた。この知識と経験を街ぐるみで活かすため、2012年に「神戸ドキュメンタリー映画祭実行委員会」を設立し、第4回から引き継ぎ開催。ドキュメンタリー=記録の広い観点で企画を立案、〈地域の記憶・記録〉を掘り起こして発信・共有する地域に根ざした映画祭事業を行ってきた。
この間に映画祭以外のプロジェクトも活発化したことをふまえ、2017年6月「神戸映像アーカイブ実行委員会」に改称。神戸映画資料館が所蔵する映像資料や全国的なフィルムアーカイブのネットワークを活用し、神戸の歴史文化に寄与する事業を行う。また、新長田地域の文化行事として「神戸発掘映画祭」を年1回開催し、地域の生活文化の向上と振興を目指す。

神戸映像アーカイブ実行委員会

委員長
金 千秋 (FMわぃわぃ 代表)
副委員長
安井 喜雄 (神戸映画資料館 館長)
委員
諫山一彦 (ふたば学舎 事務局長)
委員
板倉 史明 (神戸大学 准教授)
委員
大谷 燠 (NPO法人 DANCE BOX 理事長)
委員
小林 和弘 (神戸商工会議所 西神戸支部 事務長)
委員
橋本 英治 (神戸芸術工科大学 教授)
委員
正岡 健二 (NPO法人 KOBE鉄人PROJECT 理事長)
監事
宍田 正幸 (新長田まちづくり株式会社 代表取締役社長)
事務局
田中 範子 (神戸映画資料館 支配人)

※内容は予告無く変更する場合があります。