プログラムPROGRAM

JISYU〈自主映画アーカイヴ上映〉 vol.8
山川直人の時代/山川直人と時代 1978-1983

2019年9月14日(土)大阪・プラネット・プラス・ワン、15日(日)神戸映画資料館

→CO2 シネアスト・オーガニゼーション大阪

1970年代の8mmや16mmフィルムなどによる自主映画製作の興隆は、撮影所が機能不全に陥りつつあった日本映画におけるニューウェーブとして注目を浴びた。山川直人という映画作家は、その時代を牽引した最も重要な存在である。早稲田大学シネマ研究会在籍中に発表された『ビハインド』がオフシアターフィルムフェスティバル’79に入選。同じ早大シネ研に所属していた室井滋をヒロインに、その後も文芸坐と共に製作した『アナザ・サイド』、村上春樹原作の『パン屋襲撃』、『100%の女の子』などを発表し、同時代の作家たちに多大な影響を与えた。そして、86年には『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』で劇場映画デビューを果たす。山川直人が手掛けた自主映画の傑作群を通して、現在に至るインディペンデント映画の歴史の夜明けを回顧したい。

9月15日(日)神戸プログラム

13:00 Cプログラム
「アナザ・サイド」(1980/112分/16mm)文芸坐+早大シネ研提携

16mmで山川が挑んだ長編作品。高度成長の時代に育った大学生たちが、恋愛の葛藤や仲間の自死に直面するなか、人生の「もう一つの側面」を渇望する。

 

15:15 山川直人トーク 無料(要当日の映画チケット半券)
聞き手・田中晋平(神戸映画保存ネットワーク客員研究員)

山川直人
1957年愛知県生まれ。早稲田大学でシネマ研究会に所属し、78年に処女作『A子のカラス』を発表。同年製作した『ビハインド』がオフシアターフィルムフェスティバル’79に入選、自主映画界の旗手として注目を浴びる。86年に劇場映画デビューを果たし、『SO WHAT』(1988年)、『時の香り リメンバー・ミー』(2001年)などを監督。現在、東京工芸大学芸術学部映像学科教授。

 

16:10 Dプログラム
「100%の女の子」(1983/20分/16mm)

原宿の裏通りですれ違ったある女の子をめぐるイマジネーションが、コマ撮り映像で縦横無尽に展開していく。村上春樹原作の第2弾。

「自己と他者」(1979/50分/8mm[Blu-ray上映])早大シネ研

帰郷した男が駅で女を待ち続ける様子と、男女の決して交わらない対話によって織り成された作品。主演を山川映画の常連の室井滋と里亮弘がつとめる。
 

《料金》入れ替え制1プログラムあたり
一般1500円 学生1000円 会員1300円

主催:CO2 共催:プラネット・プラス・ワン、神戸映画資料館
大阪市助成事業

これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。