プログラムPROGRAM

コメディ学入門2

クラシックコメディの素晴らしい世界をみんなで楽しむ会
第12講コメディ学入門
コメディ・イズ・ビューティフル!

2016年11月26日(土)16:30〜

ハロルド・ロイド

ハロルド・ロイド

クラシック喜劇研究家/ライターのいいをじゅんこが、ひと組の喜劇王にテーマをしぼり、みどころ、歴史、笑いのツボなどを楽しく紹介します。レッツ温故知新!
今回のテーマは
「コメディ・イズ・ビューティフル!」

バスター・キートン

バスター・キートン


「サイレント・コメディアンは、見た目が命」―これまでの講座で、わたしはたびたびこのフレーズを口にしてきた。

ここでいう「見た目」とは、もちろん「美しさ」の意ではない。

コメディ全盛の無声時代、映画界には星の数ほどコメディアンがひしめいていた。だから、観客におぼえてもらうためには、より奇抜、より過激なルックスで勝負するしかなかったわけだ。

でも、本当にそれだけだろうか?

単なるウケ狙いのキャラ作りだけでは、息の長い人気が望めないのは、今も昔も同じ。愛されるコメディアンは、やっぱりルックスにもスター性がなくてはならない。

コリーン・ムーア

コリーン・ムーア


公平に見て、ハロルド・ロイドは普通にハンサムだし、ハリー・ラングドンの少年っぽさには萌えるし、バスター・キートンはただただ美しい。チャップリンも、放浪者メイクを外せば「イケメン英国男子」だった。もちろん、コメディエンヌの麗しき面々たちも忘れちゃいけない。

クラシック・コメディアンたちも、その全盛期には、実はアイドルだったり、セックス・シンボルだったり、ファッション・リーダーだったりしたのではないか!?

今回は、そんなコメディ界の美男美女たちを追いかけてみたい。

講座のスペシャル・ゲストとして、活動弁士の大森くみこさんをお迎えする。
関西でめきめきと頭角をあらわし、いまや全国を飛び回る人気弁士の大森さん。わたしにとっては共に無声映画を愛する、いわば「サイレント映画女子会」の頼もしい仲間だ。「無声映画のイケメン話で盛り上がりたい♪」という大森さんのアイディアから生まれたマニアックなこの企画。ガールズトーク(?)から何が飛び出すか、乞うご期待!

マックス・ランデ

マックス・ランデ

テルマ・トッド

テルマ・トッド

スタン・ローレル

スタン・ローレル

「サイレント喜劇のすばらしき世界(The Wonderful World of Silent Comedy and more)」(運営:いいをじゅんこ)

《参加費》 1000円
*予約受付中
info@kobe-eiga.net まで、参加者様のお名前・ご連絡先(メールアドレスまたはお電話番号)をお知らせください。


これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。