プログラムPROGRAM

井上陽一の活弁映画シリーズ

井上陽一の活弁映画シリーズ 9
2014年1月12日(日)13:30〜
新春は、活動写真弁士・井上陽一さんの語りをお楽しみください。
「ストトン節」
(1924/34分[18コマ]/16mm)
松竹キネマ蒲田
監督・脚本:池田義信 撮影:長井信一
出演:新井淳、飯田蝶子、小藤田正一、東栄子、伊志井寛、若林廣雄
 
牛原虚彦監督「鈴蘭」、池田義信監督「ストトン」、島津保次郎監督「最新籠の鳥」の三篇をまとめた「小唄集」として大正13年に封切られた中から第二篇のみを独立改題したもの。二村定一が歌って大ヒットした流行歌の歌詞に沿って物語が展開。女房がありながら洋食屋の若い女に入れ込んだ男の悲哀を描く。
 
 
「鞍馬天狗 恐怖時代」
(1928/40分[18コマ]/16mm)
嵐寛寿郎プロダクション
監督:山口哲平 原作:大仏次郎
撮影:石川東橘
出演:嵐寛寿郎、尾上松緑、市川小文治、五味国枝
 
マキノから独立し嵐長三郎から改名した嵐寛寿郎が、京都双ヶ岡に嵐寛寿郎プロダクション(寛プロ)を興し、第一作「鞍馬天狗」、第二作「安政巷談 黄総の十手」に続いて製作した第三作。幕末の江戸に偽の鞍馬天狗が現れ、本物の鞍馬天狗が捜査。偽天狗の隠れ家である化物屋敷にその一味を見つけて退治する。

井上陽一(弁士)
いのうえよういち。1938年、姫路市生まれ。浜星波に師事。60年から活動写真弁士として活躍。02年「OSAKA映像フェスティバル」で『雄呂血』、04年の京都映画祭では『特急三百哩』『からくり蝶』、08年には『実録忠臣蔵』、11年大阪歴史博物館の「浪花の映画事始め」で『僕らの弟』を名調子で活弁するなど、各地の映画祭等で活躍。関西随一のベテラン弁士である。

《料金》2本立て
一般1800円 学生・シニア1500円
会員1500円 学生会員・シニア会員1300円


井上陽一の活弁映画シリーズ 8「江戸怪賊伝 影法師」
2012年11月18日(日)13:30〜
 
活動写真弁士・井上陽一さんが最も得意とする阪妻(バンツマ)の時代劇をご堪能ください。
「江戸怪賊伝 影法師」
(1925 / 70分[18fps]/ サイレント / 16mm)
東亜マキノ等持院
監督:二川文太郎 原作・脚色:寿々喜多呂九平
撮影 : 田中重次郎
主演:阪東妻三郎、マキノ輝子
 
江戸の街に現れた怪賊は影法師と人々に恐れられたが、人情深く貧しい者たちの味方だった……。時代劇に恋愛とヒューマニズムを持ち込むことにより、斬新な映画として大ヒットした。主演の阪東妻三郎は、阪妻(バンツマ)の愛称で親しまれた人気俳優で田村高廣ら田村三兄弟の父である。
本来は前後篇完結の映画だが、残存するフィルムは前半のみ。上映プリントは70年代に埼玉のコレクター大橋正英から大阪の森田留次(明星映画社、日本映画保存協会)、そしてプラネット映画資料図書館へと引き継がれた16ミリフィルムに、欠落部を京都のコレクター田渕宇一郎が入手した9.5ミリプリントから補完したもの。9.5ミリフィルムのブローアップにあたっては、ボレックス撮影機とパテベビー映写機を連結した自作のコマ撮り装置で行ったのでオプチカルプリンターのようにレジ(レジストレーションの略)が取れず、若干のブレが生じ、フォーカスも甘いですがお許しのほどを。 

井上陽一(弁士)
いのうえよういち。1938年、姫路市生まれ。浜星波に師事。60年から活動写真弁士として活躍。02年「OSAKA映像フェスティバル」で『雄呂血』、04年の京都映画祭では『特急三百哩』『からくり蝶』、08年には『実録忠臣蔵』、11年大阪歴史博物館の「浪花の映画事始め」で『僕らの弟』を名調子で活弁するなど、各地の映画祭等で活躍。関西唯一の現役弁士である。

《料金》
一般1800円 学生・シニア1500円
会員1500円 学生会員・シニア会員1300円



井上陽一の活弁映画シリーズ6
2011年3月5日(土)13:30〜
陽春の候、井上陽一の活弁シリーズとして今回は溝口健二監督の『滝の白糸』を取り上げる。活動写真ファンには懐かしい弁士の声色をお楽しみください。上映プリントは、最近時々上映されているフィルムセンター復元の完全版ではなく、その素材の一部となった結末部を含む関西版で、フィルム復元の研究者にとっても必見だろう。

井上陽一(弁士)
いのうえよういち。1938年、姫路市生まれ。浜星波に師事。60年から活動写真弁士として活躍。02年「OSAKA映像フェスティバル」で『雄呂血』、04年の京都映画祭では『特急三百哩』『からくり蝶』、08年には『実録忠臣蔵』を名調子で活弁するなど、各地の映画祭等で活躍。関西唯一の現役弁士である。

「滝の白糸」
(1933 / 96分[18fps]/ サイレント / 16mm)
監督:溝口健二 原作:泉鏡花
脚色:東坊城恭長、館岡謙之助、増田真二、清涼卓明
撮影:三木茂
出演:入江たか子、岡田時彦、村田宏寿、菅井一郎、見明凡太郎
入江たか子が演じる女水芸人「滝の白糸」は、岡田時彦が演じる村越欣弥のため学資を仕送りしつづけたが、ついに借金までして人を殺してしまう。出世して検事になった欣弥の手で裁かれるという不条理な結末。京都の双ヶ丘撮影所に入江プロダクションが立て籠もって撮影した伝説的作品。
  
 

《料金》
一般1800円 学生・シニア1500円
会員1500円 学生会員・シニア会員1300円


これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。