平成29年度美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業
事業主体:一般社団法人 神戸映画保存ネットワーク

神戸映画資料館所蔵フィルムの専門的調査研究事業

神戸映画資料館では、その母体であるプラネット映画資料図書館が1970年代から収集・保存してきた古今東西の映画フィルムを収蔵している。他のアーカイブが所蔵していない貴重なフィルムを多数収蔵しているにもかかわらず、人員や予算の問題で調査が立ち後れていたが、平成26年度から実施する本事業により調査研究が進んできた。
そして29年度からは神戸芸術工科大学との連携でデジタル動画化を行い、それにより外部機関や研究者との協同調査が容易になった。
とはいえタイトル部分が欠落したようなフィルムの同定作業は困難を極める。
次年度より、これまでの調査成果および調査の元となる材料(フィルムの静止画像や動画の一部)を公開し、資料の価値測定や、情報を広く集めるためのプラットフォームを構築したいと考えている。その準備段階として今回、内容不明の動画を公開し広く情報を募ることを試みる。

「踊り[仮]」
神戸映画資料館所蔵ID:50051

【フィルム状態】

写真1

35mmプリント
251フィート サイレント フルフレーム 白黒
フィルムストックのエッジ情報なし
状態:キズ、汚れ、目壊れあり

パーフォレーションの大きさが、サイレント時代の一般的なフィルムの形状より小さい(写真1を参照)

※Harold G. Brown, Physical Characteristics of Early Films as Aids to Identification (Bruxelles: FIAF, 1990, p.6)によれば、1905年ごろまでは、フィルムのパーフォレーションのサイズが現在のネガフィルムやポジフィルムのサイズより小さかったと記されているが、このフィルムが1905年以前のフィルムであるかどうかについては不明である。

【内容について】
庭前での芸妓の踊り。手踊りは座敷などで行なうものだが、自然光で撮影するため屋外で踊ったものと思われる。毛槍を使った踊りが特徴的。

日本舞踊の流派の異なる専門家2人に映像を見てもらい、若柳流の可能性があるという指摘があった。

日本映画情報システムのデータベースに、『芦辺踊り』(1905年)というタイトルがあるが、本フィルムと関連があるかは不明。

情報募集
この映像についてお気づきのことがありましたら、どんなことでも結構ですのでお知らせください。
info@kobe-eiga.net

調査者
橋本英治(神戸芸術工科大学教授)
佐崎順昭(映画史家)
郷田真理子(IMAGICAウエスト フィルム技師)

調査協力
板倉史明(神戸大学准教授)


Project to Support Art Museums and History Museums in Priority Areas in 2017
Project Implementing Body: Kobe Film Preservation Network

Specialized Research Project on Kobe Planet Film Archive’s Film Collection

Kobe Planet Film Archive’s film collection is based on films from all eras and places, which its parent organization Planet Bibliothèque de Cinéma began collecting in the 1970s. Although it contains many precious films that don’t exist in the collections of any other film archives, lack of resources hampered work on the collection. However, this project launched in fiscal year 2014 has allowed research to proceed.
Since fiscal year 2017, digitization began in cooperation with Kobe Design University, which made it easier to undertake collaborative research with other organizations and researchers.
Even so, identification of such films as those without top titles is extremely difficult.
From fiscal year 2018, a plan exists to set up a new platform to make source materials – captured film frames or parts of the digitized video – accessible. Both materials that have already been researched, and those still to be worked on, will be evaluated and information on them will be gathered. As a preparation stage, at this time here is some unidentified footage that we are looking for more information on.

“Odori (dance)” [tentative title]
Accession Number: 50051

【Print Condition】

Image 1

35mm print
251 feet, silent, full-frame, b&w
Edge Code – none
Condition – scratches, dirt, broken perforations

The size of perforations is smaller than ordinary ones from the silent era (See Image 1)

※ According to Harold G. Brown’s Physical Characteristics of Early Films as Aids to Identification (FIAF, 1990) p. 6, up until c. 1905, perforation size was smaller than the present standard positive or negative perforations. It is not clear if this film was manufactured in or before 1905.

【Contents:】
Geisha girls dancing in a garden. Usually such dancing is done indoors, but it was probably performed outside so that the shooting could take place under natural light. Dancing with a decorated spear is a particular characteristic of this film.
According to two specialists of traditional Japanese dance, of different schools respectively, it possibly belongs to the Wakayagi school.
Japanese Cinema Database run by Agency of Cultural Affairs lists a film titled “Ashibe Odori” (1905), though it is not clear if it is related to this film.

Information Appreciated
We would appreciate any information about this film. Please contact us at
info@kobe-eiga.net

Researchers
Eiji Hashimoto (Professor, Kobe Design University)
Yoriaki Sazaki (Film Historian)
Mariko Goda (IMAGICA West film technician)

Research Collaborator
Fumiaki Itakura (Associate Professor, Kobe University)