ワークショップWORKSHOP

KyotoDU × 神戸映画ワークショップ2009
合同企画

「AG-HMC155 KyotoDU 無料セミナー」



 日 程 : 2009年7月19日(日)
 時 間 : 10:00~12:00
 会 場 : 神戸映画資料館(館内:カフェスペース)
 料 金 : 無料
 定 員 : 特になし
  

セミナー概要
パナソニックのHD機器「AG-HMC155」を使用した、無料セミナーを神戸映画資料館で開催いたします。HD初心者にもわかりやすく「テープレス」の撮影~編集までのワークフローをご紹介いたしますので ”これから映像を始めたい方” “現行のSD機器からHD機器への乗換え” をお考えの方はぜひご参加下さい。
当日は、実際に「AG-HMC155」を触っていただけるハンズオンの時間もご用意しています。また、SDカードをご持参の方には、実際に撮影したデータを検証用として持ち帰っていただくことも可能です。


[AG-HMC155]

AVCHD(LongGOP Intra予測 Mpeg4 H.264)方式を採用、HD機器の中でも「映像の破綻がない」と評判のSDカード収録方式の次世代パナソニックハイヴィジョンカメラ。
 

神戸映画ワークショップ2009 夏季集中講座 申し込み受付中!
夏季のワークショップ期間中、参加者には「AG-HMC155」を使っての映画撮影を行っていただきますので、ご興味のある方はこの機会にご参加下さい。


  
 
 主 催  KyotoDU
 協 力  神戸映画資料館
 
 お問い合わせ 
 
神戸映画資料館
078-754-8039
info@kobe-eiga.net


役者登録システム スタート
神戸映画ワークショップの主任講師、富岡邦彦氏が主宰するPLANET+1で、役者登録システムがはじまりました。神戸映画ワークショップとの連携も深めています。
[関連サイト] プラネット+1 登録役者のご紹介


[インディペンデント・ムーヴィーの作り方]合評会
終了しました

「インディペンデント・ムーヴィーの作り方」の合評会参加作品の募集をはじめました。イベントのページでご確認ください。


神戸映画ワークショップ 秋期基礎技術講座2008
終了しました

神戸映画ワークショップ 秋期基礎技術講座2008 
制作コース
2008年11月3日(月・祝)・11月11日(火)・11月24日(月・祝)俳優コース
2008年11月3日(月・祝)
下記内容をよくお読みいただき、こちらからお申込みください。
申込み受付は終了しました

演技、制作スタッフ、技術
 これらを求めるすべての俳優、製作者に向けたワークショップ

この映画ワークショップは、【俳優コース】【制作コース】の2コース用意しました。
【俳優コース】は、演技基礎~実習までを制作コースと協同で学びます。
【制作コース】は、撮影・編集の集中講座となります。申し込み時点で「全3回」あるいは「編集実習のみ(11月24日のみ)」が選択できます。ただし、「全3回」コース受講者は、「編集実習」受講後、2008年12月末までの期間、編集機を、自由に操作することができます。(ただし、神戸映画資料館の開館時間内。予約制)
 
 募集要項 
募集人数: 制作コース・・定員25名
        俳優コース・・定員20名
         *各コースとも、定員になり次第、締め切ります
受講資格: 18歳以上、経験の有無は問わず

 

《料金》
[制作]
・全3回 一般14,700円 会員12,600円
・編集実習のみ 5,250円
[俳優]
・全1回 一般5,250円 会員4,620円(各税込)

 
 講 師 
[制作]
主任:富岡邦彦(プラネットプラスワン代表)
講師:唐津正樹(映画監督)
[俳優]
講師:全リンダ(俳優)
 
 

 カリキュラム  各コース講義概要
11月3日(月・祝) 11:00~18:00 [制作] 撮影基礎~撮影実習(俳優コースと協同) 詳細
11:00~18:00 [俳優] 演技基礎~実習(制作コースと協同) 詳細
11月11日(火) 19:00~21:00 [制作] 編集基礎(ファイナルカット・プロ) 詳細
11月24日(月・祝) 11:00~18:00 [制作] 編集実習(ファイナルカット・プロ) 詳細

 
 
 
 ワークショップで使用する機材について 
今回ワークショップで使用するHVX205Aは次世代のHD撮影を実現し、P2カード記録でのテープレス撮影によって、ロケハン・リハーサル・撮影時における高速プレビューを可能としました。パナソニックが送る最新HD機器を、是非この機会に体感してください
 会 場  神戸映画資料館
 運 営  神戸プラネット
 総合プロデュース  PLANET+1
 協 力  KyotoDU、新長田まちづくり株式会社
 助 成  コミュニティ・ビジネス離陸応援事業
 
 お申込み 
神戸映画ワークショップへの申込みはこちらをクリックしてください
申込み受付は終了しました

なお、受講料のお支払い方法等について詳細は、申込み受理後にご案内いたします。
 お問い合わせ 
神戸映画資料館 (水曜のぞく10:30~18:00)
078-754-8039
info@kobe-eiga.net

[ 関連記事リンク ] 監督、俳優の育成講座 神戸映画資料館|神戸新聞
※各コースの講座内容を詳しくご紹介します。

(さらに…)


神戸映画ワークショップ 夏期講座2008
終了しました


2008年8月18日(月)~26日(火) 《全8回》 ※水曜休講
神戸映画資料館にて 開講

 
俳優、監督、制作スタッフ、技術
 これらを求めるすべての俳優、製作者に向けたワークショップ

この映画ワークショップは、【俳優コース】【監督・制作コース】の2コース用意しました。
【俳優コース】は、映像における演技の具体的な実習を通じて“どう映るのか”を体験し、映像作品に求められる演技を学びます。
【監督・制作コース】はオリジナル企画の立案から脚本化への過程を実習。そして、世界のインディペンデント映画の現状をふまえた製作術を指導します。
ワークショップ後半には、両コース合同で、ゲスト講師の黒沢清監督によるオリジナル脚本の一部を映像化します。
両コース修了後、受講生が自主制作を具体化していく場合、製作・上映の両面にわたり、PLANET+1と神戸映画資料館がバックアップいたします。既に具体的な制作を考えておられる方もぜひご参加ください。俳優コースの受講者に関しても、希望される方には可能な限り、インディペンデント映画に出演する機会をもうけます。参加される受講生によって、多少の内容変更があることは事前に御了解ください。
 募集要項  募集受付終了しました
募集人数: 監督・制作コース・・定員20名
        俳優コース   ・・定員20名
         *各コースとも、定員になり次第、締め切ります
受講資格: 18歳以上、経験の有無は問わず
受講料 : 31,500円(税込み)(全8回分)

 
 講 師 
主任 : 富岡邦彦(プラネットプラスワン代表)
講師 : [俳優コース] 全リンダ(俳優)
      [撮影担当] 唐津正樹(映画監督)
ゲスト: 黒沢清(映画監督)、山下敦弘(映画監督)
 

富岡邦彦(映画プロデューサー/映画祭ディレクター/PLANET+1代表)
とみおか くにひこ。黒沢清監督の脚本を担当、その後関西にて山下監督の作品を数本プロデュースし、現在は上映室PLANET+1を運営。海外のインディペンデント系映画祭のプログラムも担当。アジア圏でのインディペンデント映画のネットワークを拡げつつある。

全リンダ(俳優)
ゼン リンダ。舞台・映画出演にとどまらず、大阪芸術大学大学院で実技博士号(舞台)を、アジアの大学で初めて修得するなど幅広く活躍。

唐津正樹(映画監督)
からつ まさき。海外の映画祭でも上映された『赤い束縛』で注目される関西映画界のホープ。

黒沢清(映画監督)
くろさわ きよし。1955年神戸市生まれ。立教大学在学中より8mm映画を撮り始め、長谷川和彦、相米慎二に師事したのち、83年『神田川淫乱戦争』で商業映画デビュー。以後、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(85)、『地獄の警備員』(92)、『復讐 THE REVENGE』シリーズ(96)等を監督し、97年の『CURE』は世界各地の映画祭で上映された。その後も『ニンゲン合格』(98)、『カリスマ』(99)、『回路』(00/カンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞)、『アカルイミライ』(02/カンヌ国際映画祭コンペティション正式出品)、『ドッペルゲンガー』(03)、『LOFT』(05)、『』(06)、『トウキョウソナタ』(08/カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞受賞)など連続して作品を発表し続けている。

山下敦弘(映画監督)
やました のぶひろ。1976年愛知生まれ。日本映画界の若手No.1として注目される映画監督。デビュー以来、『リンダ、リンダ、リンダ』(05)、『松ケ根乱射事件』(06)などを次々ヒットさせる。くらもちふさこ原作『天然コケッコー』(07)も記憶に新しい。
 

 

 カリキュラム  各コース講義概要 講 師
8月18日(月) 13:00~18:00 [合同] ガイダンス 参考上映:『リンダ・リンダ・リンダ』 山下、富岡、全
8月19日(火) 13:00~16:00 [合同] 企画立案の心得/俳優の心得 富岡、全、唐津
8月20日(水) 休講
8月21日(木) 13:00~16:00 [監督・制作] 脚本講座 富岡
13:00~16:00 [俳優] 「どう映るのか」実習/オーディション準備 全、唐津
8月22日(金) 13:00~18:00 [合同] オーディション/班分け、キャスティング 富岡、全
8月23日(土) 11:00~18:00 [合同] リハーサル 富岡、全、唐津
8月24日(日) 11:00~20:00 [合同] 撮影1日目 富岡、全、唐津
8月25日(月) 11:00~18:00 [合同] 撮影2日目 富岡、全、唐津
8月26日(火) 11:00~18:00 [合同] 合評/作品をどう完成させ、どう見せるのか 黒沢、富岡、全

 
 参考上映 
『リンダ リンダ リンダ』
(2005/114分/35mm)
監督:山下敦弘
出演:ぺ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織(Base Ball Bear)、三村恭代、湯川潮音、山崎優子(me-ism)、甲本雅裕、松山ケンイチ、小林且弥、小出恵介、三浦誠己、りりィ、藤井かほり、近藤公園、ピエール瀧、山本浩司、山本剛史
※一般・会員向けの有料上映は、8月15日(金)~17日(日)の3日間となっています。スケジュールはこちらでご確認ください。
 ワークショップで使用する機材について 
今回ワークショップで使用するHVX205Aは次世代のHD撮影を実現し、P2カード記録でのテープレス撮影によって、ロケハン・リハーサル・撮影時における高速プレビューを可能としました。パナソニックが送る最新HD機器を、是非この機会に体感してください。
 主 催  神戸映画資料館
 共 催  PLANET+1
 協 力  KyotoDU
 
 お申込み  募集受付終了しました
神戸映画資料館等で配布中の募集チラシに添付の申込み用紙を、同館へ直接持参、郵送、ファックスしてお申込みいただけます。
当ホームページの申込み専用ページからも受け付けています。ここをクリックしてください。
なお、受講料のお支払い方法等について詳細は、申込み受理後にご案内いたします。
 お問い合わせ 
神戸映画資料館 (水曜のぞく10:30~18:00)
078-754-8039
info@kobe-eiga.net


[ 関連記事リンク ] 監督、俳優の育成講座 神戸映画資料館|神戸新聞
[ 関連記事リンク ] 神戸映画ワークショップ 夏期講座2008レポート|KyotoDU


これまでのワークショップ|神戸映画資料館