[date:2021.6.8] 7月のプログラム
■ 7月3日(土)・4日(日) フレデリック・ワイズマンのすべて vol.10
『視覚障害』 (1986/132分/16mm) 『聴覚障害』(1986/164分/16mm)

■ 7月9日(金)〜11日(日) 追悼上映会 活動弁士・井上陽一
『最後の活動弁士 井上陽一の世界』(2016/46分)監督:高橋一郎
『御誂治郎吉格子』(1931/80分)監督:伊藤大輔 *井上陽一の録音活弁付き
トーク[10日のみ] 鵜久森典妙(プロデューサー)、大森くみこ(活動写真弁士)、ほか

■ 7月17日(土)・18日(日)
最後のプログラムピクチャーと呼ばれて 〜滝田洋二郎監督と異色のフィルムメーカーたち〜  vol.6

■ 7月19日(月・祝) 13:30〜   第57回 くにづか月イチ上映会 映像で見る昭和の生活文化
主催:くにづかリボーンプロジェクト、アスタくにづか神戸市保留床テナント会

■ 7月24日(土)〜25日(日) 時代劇小特集 新規収蔵プリントより
『地獄大鼓』(1953/85分/16mm) 『牢獄の花嫁(総集篇)』(1939/97分/16mm)
24日(土) トーク「映画を集める人々」  山根貞男(映画評論家)

■ 7月30日(金)〜8月3日(火) 『短篇集 さりゆくもの』

[date:2021.5.28]  開館日と臨時休館日
■ 緊急事態宣言の発令期間中は、上映やイベントのある日のみ開館し、それ以外の日は臨時休館いたします。何卒ご了承ください。

[date:2021.5.24] 会員登録と招待券の有効期限について
5月は上映を延期しましたので、有効期限が4月26日以降の「神戸映画資料館シネマ倶楽部」および「サポーター券」「招待券」の有効期限を1ヶ月延長します。
「賛助会員」については、申し訳ありませんが有効期限はそのままとさせてください。ご理解くださいますようお願い申し上げます。

[date:2021.5.23] 振替開催日決定
延期となった以下のプログラムの振替開催日が決まりました。
■ 6月12日(土) 連続講座:20世紀傑作映画 再(発)見
第11回 殺人者はわれわれの中に──フリッツ・ラング『M』を読み解く
『M』(ドイツ/1931/100分) 講師:井上正昭

■ 7月9日(金)〜11日(日) 追悼上映会 活動弁士・井上陽一
『最後の活動弁士 井上陽一の世界』(2016/46分)監督:高橋一郎
『御誂治郎吉格子』(1931/80分)監督:伊藤大輔 *井上陽一の録音活弁付き
トーク[10日のみ] 鵜久森典妙(プロデューサー)、大森くみこ(活動写真弁士)、ほか