[date:2020.12.28] 1月のプログラム
■ 1月9日(土)〜11日(月・祝) 神戸クラシックコメディ映画祭2021
9日 会場:旧グッゲンハイム邸(塩屋)
10日・11日 会場:神戸映画資料館(新長田)
主催:古典喜劇映画上映委員会

■ 1月15日(金)〜19日(火)16:00〜 『メカニカル・テレパシー』
(2018/78分)監督:五十嵐皓子

■ 1月17日(日)13:00〜 特別再上映『れいこいるか』
(2019/100分)監督:いまおかしんじ
いまおかしんじ監督来館(予定)

■ 1月24日(日)13:30〜 第52回 くにづか月イチ上映会 映像で見る昭和の生活文化
主催:くにづかリボーンプロジェクト、アスタくにづか神戸市保留床テナント会

■ 1月24日(日)15:00〜 みんなで発掘・宝探し試写会 2020
主催:神戸映像アーカイブ実行委員会

■ 1月30日(土)・31日(日) フレデリック・ワイズマンのすべて vol.7
『コメディ・フランセーズ 演じられた愛』(1996/223分)
『最後の手紙』(2002/62分)

[date:2020.12.15] 甦った神戸の映画『黄金の弾丸』 オンライン配信スタート!
『黄金の弾丸』1927年 東亜キネマ甲陽撮影所作品 監督:印南弘 原版提供:神戸映画資料館
〈活弁版〉 活動弁士:大森くみこ 楽士:天宮遥(ピアノ)
〈合奏版〉 楽士:鳥飼りょう(ピアノ)、越川雅之(打楽器)
→Lumiere Theater『黄金の弾丸』(日本語)
→Lumiere Theater『黄金の弾丸』(英語)
〈活弁版〉と〈合奏版〉の2種類をセット(1000円)でお楽しみください。
Lumièreというサービスを利用した有料配信です。リンクをクリックすると、Lumièreのサイトに移動します。

[date:2020.12.15] 次回プログラム
■ 12月19日(土)・20日(日)、16日(土)・27日(日) ジョージア[グルジア]映画祭
『私のお祖母さん』(1929/61分/サイレント)監督:コンスタンティネ(コテ)・ミカベリゼ
伴奏:塩屋楽団
『スヴァネティの塩』(1930/49分/サイレント)監督:ミヘイル・カラトジシュヴィリ
伴奏:仲川達也/Liftman
+短篇『映像』(2010/11分) 『西暦2015年』(2015/10分)
『ケトとコテ』(1948/90分)監督:ヴァフタング・タブリアシュヴィリ、シャルヴァ・ゲデヴァニシュヴィリ
『大いなる緑の谷』(1967/87分)監督・脚本:メラブ・ココチャシュヴィリ
『少女デドゥナ』(1985/60分)監督:ダヴィト・ジャネリゼ

[date:2020.12.12] 中川奈月監督、リモート挨拶急遽決定
■ 12月11日(金)ー15日(火) ニュー・インディペンデント・シネマ vol.2
* 12日(土)リモート舞台挨拶 壷井濯(『サクリファイス』監督・脚本・編集)
* NEW 13日(日)リモート舞台挨拶 中川奈月(『彼女はひとり』監督・脚本・編集)
『サクリファイス』(2019/77分/デジタル)監督・脚本・編集:壷井濯
『彼女はひとり』(2018/60分/デジタル)監督・脚本・編集:中川奈月

[date:2020.12.10] 舞台挨拶をリモートに変更
12日に予定している『サクリファイス』の壷井濯監督舞台挨拶は、リモートに変更して行います。何卒ご了承ください。
■ 12月11日(金)ー15日(火) ニュー・インディペンデント・シネマ vol.2
* 12日(土)リモート舞台挨拶 壷井濯(『サクリファイス』監督・脚本・編集)
『サクリファイス』(2019/77分/デジタル)監督・脚本・編集:壷井濯
『彼女はひとり』(2018/60分/デジタル)監督・脚本・編集:中川奈月