[date:2020.5.12] 会員登録の有効期限について
4月初めからの上映・イベントの延期、そして臨時休館を鑑み、「神戸映画資料館シネマ倶楽部(旧神戸プラネットシネマ倶楽部)」の有効期限を延長します。延長期間については、再開が決まり次第ご案内いたします。
「賛助会員(旧神戸映画資料館を支える会)」については、申し訳ありませんが有効期限はそのままとさせてください。ご理解くださいますようお願い申し上げます。
有効期限の切れた「サポーター券」「招待券」の取り扱いについては、再開後にご相談ください。

[date:2020.4.14]
ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金
新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、政府からの外出自粛要請が続く中、閉館の危機にさらされている全国の小規模映画館「ミニシアター」を守るため、映画監督の深田晃司さん、濱口竜介さんが発起人となって有志で立ち上げられたプロジェクトです。
神戸映画資料館もクラウドファンディングの支援を受ける映画館として参加しています。

[date:2020.4.8] 臨時休館について
神戸映画資料館は、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を重く受け止め、4月10日より当面のあいだ休館いたします。再開時期は決まり次第ご案内いたします。
休館の間は、再開に向けての仕事や資料整理を行ってまいります。
この事態が速やかに終息し、再び上映会や催し、アーカイブ活動などで、皆様とお会い出来る日を待ちたいと思います。

[date:2020.4.7]
Save our local cinemas 〈関西劇場応援Tシャツ販売〉
コロナウイルスの影響で危機的状況にある映画館を支援していただくためのTシャツを販売します。
京阪神の豊かな映画文化の灯を消さないため私たちは声をあげます。どうかお力を貸してください。
〈Save our local cinemasプロジェクト〉 京都みなみ会館、シネ・ヌーヴォ、元町映画館、神戸映画資料館、出町座、宝塚シネ・ピピア、パルシネマしんこうえん、豊岡劇場、第七藝術劇場、シアターセブン、京都シネマ、福知山シネマ、舞鶴八千代館

[date:2020.4.4] ロビースペースでご覧いただけます
[常設]展示上映「1930年代の神戸」
[特別展示]「地図とノンフィルム資料でたどる三ノ宮の映画館」