神戸映画資料館

PROGRAM プログラム

2024年8月17日(土)・18日(日)

『私はおぼえている』

山形国際ドキュメンタリー映画祭2021で招待上映された、波田野州平監督による初の長編ドキュメンタリー映画。鳥取の古老たちひとりひとりの物語が、われわれの生きるこの世界の来歴を告げる。


『私はおぼえている』
(2021/224分/デジタル)*途中休憩あり
監督・撮影・編集:波田野州平 製作:現時点プロジェクト

鳥取県中部の倉吉と近郊で暮らす10人の古老たちが、家族や故郷への想い、自らの戦争体験、身体に刻まれた労働の苦しさと喜び、その中を生き延びてきた記憶を、キャメラの前で静かに語る。遠い過去から届けられたかのような彼らの声は、モノクロの家族写真や穏やかな風景のイメージと響き合い、われわれが生きるこの世界の来歴へと導いてくれる。山形国際ドキュメンタリー映画祭2021などで国際的評価を得ながらも、国内で観られる機会が限られてきたため、待望の上映となる。監督の波田野州平は鳥取の倉吉出身、『TRAIL』(2012)、『影の由来』(2017)などを発表し、最新作『それはとにかくまぶしい』(2023)が世界から注目されている。

→公式サイト

 

◉ 上映後トーク(2日とも)  ゲスト:波田野州平監督 聞き手:田中晋平

《料金》
一般:1800円 シニア(65歳以上)・障害者:1400円 ユース(25歳以下):1200円 会員:1300円 小学生以下無料
予約受付
メールと電話によるご予約を承ります。鑑賞を希望される日時と作品名、お名前、電話番号をお知らせください。予約で満席でなければ、当日に予約無しでもご入場いただけます。
info@kobe-eiga.net 078-754-8039

企画:田中晋平(神戸映画資料館研究員)

PageTop