上映プログラムPROGRAM

ジョン・ウェインの西部劇と戦争映画
2016年6月4日(土)・5日(日)

wayne01「硫黄島の砂」
Sands of Iwo Jima
(アメリカ/1949/109分/35mm)
監督:アラン・ドワン
原作:ハリー・ブラウン
脚色:ハリー・ブラウン、ジェームズ・エドワード・グラント
撮影:レギー・ラニング
音楽:ヴィクター・ヤング
出演:ジョン・ウェイン、ジョン・エイガー、アデル・マーラ、フォレスト・タッカー、ウォリー・キャッセル

ジョン・ウェインが演じる鬼軍曹ストライカーを主人公に、太平洋戦争末期のアメリカ海兵隊の硫黄島上陸作戦を描く。ストライカーと彼が慕う亡き大佐の息子、隊員たちとのドラマもみどころ。この役でジョン・ウェインはアカデミー主演男優賞を受賞した。

 

wayne02「リオ・グランデの砦」
Rio Grande
(アメリカ/1950/105分/35mm)
監督:ジョン・フォード
原作:ジェームズ・ワーナー・ベラ
脚本:ジェームズ・ケヴィン・マッギネス
撮影:バート・グレノン、アーチー・スタウト
音楽:ヴィクター・ヤング
出演:ジョン・ウェイン、モーリン・オハラ、ベン・ジョンソン、クロード・ジャーマン・ジュニア

『アパッチ砦』『黄色いリボン』に続く、ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の“騎兵隊三部作”の最終作。インディアン討伐の指揮をとるヨーク中佐(ジョン・ウェイン)のもとに一人息子ジェフが一兵卒として入隊してくる。そこへジェフの除隊を望む別居中の妻(モーリン・オハラ)がやってきて……。

 

《料金》入れ替え制
一般:1200円 学生・シニア:1000円 会員一般:1000円 会員学生・シニア:900円
《割引》当日に限り2本目は200円割引


ジャン・ルノワール選集
2016年6月18日(土)・19日(日)

ooinarugenei01「大いなる幻影」
La Grande Illusion
(フランス/1937/114分/16mm)
監督:ジャン・ルノワール
脚本:ジャン・ルノワール、シャルル・スパーク
撮影:クリスチャン・マトラ、クロード・ルノワール
音楽:ジョゼフ・コスマ
出演:ジャン・ギャバン、ピエール・フレネー、エリッヒ・フォン・シュトロハイム、マルセル・ダリオ、ディタ・パルロ

第一次世界大戦を舞台に、ドイツ軍の捕虜収容所からの脱走をはかるフランス兵士とドイツ人将校や民間人との国境を越えた交流を描いた反戦映画。サイレント映画の巨匠エリッヒ・フォン・シュトロハイムが、貴族階級の将校役で名優ジャン・ギャバンと共演する。

 

gamenokisoku01「ゲームの規則」
La Règle du jeu
(フランス/1939/106分/16mm)
監督・脚本:ジャン・ルノワール
撮影:ジャン・バシュレ
音楽:ロジェ・デゾルミエール
衣装:ココ・シャネル
出演:マルセル・ダリオ、ジャン・ルノワール、ノラ・グレゴール、ローラン・トゥータン

上流階級の夫婦とその愛人、そして召使いたちも入り乱れての恋愛騒動を、ルノワール自身が狂言回しを演じて描く風刺的な群像喜劇。衣装デザインはココ・シャネルが担当している。

 

《料金》入れ替え制
一般900円 学生・シニア800円 会員800円 学生・シニア会員700円
《割引》当日に限り2本目は200円引き


鈴木卓爾監督最新作「ジョギング渡り鳥」
2016年7月15日(金)〜26日(火) *20日(水)・21日(木)は休映

イベント
7月16日(土)
トーク:鈴木卓爾(監督)+細馬宏通(滋賀県立大学人間文化学部教授)
上映:『にじ』(1987/83分/8mm)ほか
*詳細はしばらくお待ちください


JW_flyer_face_151031_ol_ti「ジョギング渡り鳥」

(2015/157分/HD[ブルーレイ上映])
監督・場面構成:鈴木卓爾
撮影監督:中瀬慧 音響:川口陽一 編集:鈴木歓
人物造形・台詞・撮影芝居・録音芝居・音響効果・宣伝:映画美学校アクターズ・コース第1期高等科
製作:映画美学校 Migrant Birds Association
宣伝・配給:Migrant Birds Association カプリコンフィルム
© 2015 Migrant Birds Association / THE FILM SCHOOL OF TOKYO

出演:中川ゆかり、古屋利雄、永山由里恵、古川博巳、坂口真由美
茶円茜、矢野昌幸、小田篤、古内啓子、柏原隆介、小田原直也
吉田庸、佐藤駿、山内健司、兵藤公美、古澤健
 
地球初!
宇宙人が撮影した「モコモコ系メタSF映画」ここに誕生!

遠い星からやってきたモコモコ星人は、神を探す長い旅を経て地球にたどり着いた。母船が壊れ帰れなくなった彼らは、とある町の人々をカメラとマイクで観察しはじめた。人間のように「わたし」と「あなた」という概念がない彼らは、いつしか町の人々が直面している「わたしはあなたではない」という近代人間的事実に直面する―。果たしてモコモコ星人は「神」と出会うことができるのか。
『私は猫ストーカー』、『ゲゲゲの女房』、『楽隊のうさぎ』といった話題の長編映画を監督する一方、先鋭的なインディペンデント映画を精力的に発表し続ける鈴木卓爾。待望の最新作は、3年がかりの初のオリジナル長編。カメラやマイクを握る俳優たちと監督が一丸となって挑んだリアルで自由な活劇フィクション。地球人と宇宙人が入り乱れて織りなすドタバタ青春群像は、不思議なポリフォニーとなって、やがて魂を震わすコーラスを奏で始める。
映画の現在を更新する前代未聞の革新的メタSF大作がここに誕生した! いまこそ映画を問い直す。ここではないどこかではなく、自分たちが生きるこの世界を信じるために。

[公式サイト]

《料金》 しばらくお待ちください


これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。