プログラムPROGRAM

堀禎一監督特集 part1
2016年12月3日(土)・4日(日)

2003年の監督デビュー以降、精力的に作品を発表している堀禎一。この特集のpart1ではピンク映画とアイドル映画を、来年春に予定しているpart2では最新作のドキュメンタリー映画を上映します。ジャンルを横断して展開する堀禎一の映画世界に出会う機会です。

堀禎一監督 来館 *参加無料(要当日の映画チケット半券)
12月3日(土)16:05〜 トーク 堀禎一 + 木下千花(映画研究者)
12月4日(日)『魔法少女を忘れない』上映後 堀禎一ミニトーク

kusamura01「草叢」(公開題「不倫団地 かなしいイロやねん」)
(2005/64分/35mm)
製作:国映、新東宝映画
監督:堀禎一 脚本:尾上史高 撮影:橋本彩子
照明:山本浩資 音楽:綱元順也
出演:速水今日子、吉岡睦雄、伊藤猛、森田りこ、佐々木ユメカ
大阪で団地に暮らす秋江は、テレクラで知り合った進次とその場限りの関係を持つ。彼女の夫である和彦は愛人のもとに行ったきりでほとんど家に帰ってこない。そんな中、偶然、団地で進次と再会した秋江は彼との情事に溺れていく。「月刊シナリオ」誌第二回ピンク映画シナリオ募集で準入選した尾上史高の脚本による堀の監督第二作。堀が出演を切望したという速水今日子(大阪出身)が揺れる中年女性を好演。
→自作を語る・堀禎一監督① ── 『草叢』

 

busgirl01「東京のバスガール」
(公開題「したがる母さん 若い肌の火照り」)
(2008/63分/35mm)
製作:国映、新東宝映画、Vパラダイス
監督:堀禎一 脚本:佐藤稔 撮影:清水正二
編集:有馬潜 音楽:神尾光洋
出演:かなと沙奈、吉岡睦雄、下元史朗、飯島大介、水沢萌子、速水今日子
二十代の若き未亡人摩耶は義理の息子である周平とひとつ屋根の下、ごく自然に肉体関係を持ち、母子であり友達、時には恋人のように暮らしていた。そんなある日、摩耶は亡き夫の実家から夫の弟である周造との縁談を持ちかけられる。堀が『妄想少女オタク系』(2007)、『憐 Ren』(2008)と一般映画を手掛けた後に撮られたピンク映画復帰作で、小津を思わせる細部も見所のラブコメディ。
→自作を語る・堀禎一監督② ── 『東京のバスガール』

 

maho-main01「魔法少女を忘れない」
(2011/95分/HDCAM)
製作:「魔法少女を忘れない」パートナーズ
監督:堀禎一 脚本:中野太、ますもとたくや
原作:しなな泰之 撮影:橋本彩子 音楽:伊藤幸毅
照明:山本浩資 編集:岡本浩明
出演:高橋龍輝、谷内里早、森田涼花、碓井将大、前田亜季
高校生の悠也の家で、“元魔法少女”のみらいが妹として暮らすようになる。みらいは次第に悠也の友達や学校に馴染んでいくが、“元魔法少女”は人々の記憶から消えていく運命にあった。超現実的な設定ながら、みらいを演じる谷内里早の透明感とあふれるような光を捉えた撮影が相まった青春ファンタジー。
→自作を語る・堀禎一監督③ ── 『魔法少女を忘れない』

 

堀禎一
1969年兵庫県たつの市生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。1994年に佐藤真監督が構成・編集を担当した『おてんとうさまがほしい』の制作に参加。1996年から小林悟、北沢幸雄、サトウトシキ監督らの助監督を務める。1998年『樹海熟女狩り』(小林悟監督)の脚本を手がけ、2003年『宙ぶらりん(SEX配達人 おんな届けます)』で監督デビュー。2005年『草叢』、2006年『笑い虫(色情団地妻 ダブル失神)』とピンク映画、2007年『妄想少女オタク系』で一般映画を監督する。その後も『憐 Ren』や『魔法少女を忘れない』などのライトノベルや漫画が原作の映画や、『東京のバスガール』などのピンク映画を監督。一方、「映画芸術」、「月刊シナリオ」、「ユリイカ」、「中央評論」では映画論、映画評の執筆も行う。最新作『天竜区』シリーズは自身初となるドキュメンタリー映画である。

 

《料金》入れ替え制1本あたり
一般1200円 学生・シニア1100円 会員1100円 学生・シニア会員1000円
《割引》当日に限り2本目は200円割引
*招待券のご利用不可


『映画という《物体X》』刊行記念 上映とトーク
2016年12月11日(日)

日本で初めて映画の《アーカイブ》を堂々と名乗ったのは、映画の保存機関ではなく、実は「黙壺子(もっこす)フィルム・アーカイブ」だったのではないか。映画評論家佐藤重臣が一本一本築き上げた、実験映画、アンダーグラウンド映画専門の自主上映組織だが、上映団体なのにアーカイブを標榜したところがむしろ佐藤の強靭な志にほかならない。その定番の一つだった外国の前衛映画などの短篇集を通じて、「もう一つの映画アーカイブ」の幻視を試みる。(岡田秀則)
 
17:20~ 上映
meshes01s「ひとで」
L’ Étoile de Mer
(フランス/1928/11分)監督:マン・レイ
「午後の網目」Meshes of the Afternoon
(アメリカ/1943/20分)監督:マヤ・デレン
「パシフィック231」Pacific 231
(フランス/1949/10分)監督:ジャン・ミトリ
「コンクリート作戦」Opération Béton
(フランス/1954/16分)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
 ほか(すべて16mm/計86分)

 

19:05~ トーク (20:00終了予定)
「私のシネマテーク修業日記」こぼれ話
岡田秀則

 

buttaix『映画という《物体X》
フィルム・アーカイブの眼で見た映画』

立東舎刊 定価1,800円(税別)
著者:岡田秀則
1968年愛知県生まれ。東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員として、映画のフィルム/関連マテリアルの収集・保存や、上映企画の運営、映画教育などに携わり、2007年からは映画展覧会のキュレーションを担当。また、学術書から一般書まで内外の映画史を踏まえたさまざまな論考、エッセイを発表している。共著に『映画と「大東亜共栄圏」』(森話社、2004年)、『ドキュメンタリー映画は語る』(未來社、2006年)、『甦る相米慎二』(インスクリプト、2011年)、『岩波映画の1億フレーム』(東京大学出版会、2012年)、『クリス・マルケル遊動と闘争のシネアスト』(森話社、2014年)など。

 

《参加費》 1000円

 
[関連企画]
ノンフィルム資料の保存と活用
2016年12月
11日(日)公開講座:映画関連資料の現在
12日(月)勉強会:映画関連資料の取り扱い


くにづか月イチ上映会
2016年12月17日(土) 11:00〜

 

《料金》 無料

主催:くにづかリボーンプロジェクト、アスタくにづか神戸市保留床テナント会


年末特別企画 ホームシアター DAYS
2016年12月24日(土)〜27日(火)

神戸映画資料館のシアタールームを特別料金でご提供します。おひとりでもグループでもご利用いただけます。
年末の冬休みに入る楽しい時期、ゆったり気ままにお過ごしください。

特別料金 6,000円 会員5,000円 (180分あたり/オペレーター料込み)
通常 貸室使用料+オペレーター料5,000円のところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ご利用時間
10:00〜13:00 13:00〜16:00 16:00〜19:00
→ 空室状況(随時更新)

ご予約方法
078-754-8039 info@kobe-eiga.net
電話かメールでご希望利用日時とお名前、連絡先をお知らせください。
空き状況を確認し、ご返信いたします。空きがある場合、当日のお申し込みも受付ます。

お支払い方法
ご利用1週間前までに、指定の口座にお振込ください。
サポーター会員・正会員に限り、当日のお支払いも可能です。

* キャンセル料
1週間前まで:無料  6日前から前日まで:50%  当日:100% 

* 上映可能な素材はBlu-rayとDVDです。上映素材は当日お持ちください。
上映準備に10~15分ほどのお時間を頂きます。
パソコンで作成したディスクは、通常のBlu-ray、DVD再生機で再生できることをご確認ください。
また、事前にご郵送くだされば、再生確認をいたします。

* シアター内への食べ物の持ち込みはご遠慮ください。飲み物は可能です。
併設のカフェでは、ドリンクをご注文いただければ食べ物の持ち込みは可能ですので、合わせてご利用ください。

* 個人利用以外(有料上映等)や、1枠(180分)に2枚以上のディスクを使用される場合は、通常の貸室利用となります。こちらもお気軽にご相談ください。


ロシア・ソヴィエト映画 連続上映
第19回 ソヴィエト・ウエスタン

2017年1月21日(土)・22日(日)
1970年代に作られたソ連版 “西部劇” 二作品を上映。

「七発目の銃弾」Седьмая пуля
(1973/84分/35mm)ウズベクフィルム
nanahatsu01 nanahatsu02
監督:アリ・ハムラーエフ
脚本:フリードリヒ・ゴレンシュテイン、アンドレイ・コンチャロフスキー
撮影:アレクサンドル・パン、ハサン・ファイジーエフ
音楽:ルミーリ・ヴィリダーノフ
出演:スイメンクル・チョクモーロフ、ディロロム・カムバーロヴァ、タルガト・ニグマトゥーリン
1920年代、中央アジアに権力を樹立しようとするソヴィエト政権は、“バスマチ(中央アジアのムスリム)”の攻撃を受けていた。捕虜となった部下の救出のため、主人公はわざと敵に捕まる。ソヴィエト・ウエスタンの代表作の一つで、バスマチは典型的な反革命の悪役としてよく登場した。ただし、ソ連崩壊後は一種の民族独立運動として再評価が進んでいる。

 

「光と影のバラード」Свой среди чужих, чужой среди своих
(1974/95分/35mm)モスフィルム
hikaritokage01 hikaritokage02
監督:ニキータ・ミハルコフ
脚本:エドゥアルド・ヴォロダルスキー、ニキータ・ミハルコフ
撮影:パーヴェル・レベシェフ
音楽:エドゥアルド・アルテミエフ
出演:ユーリー・ボガトィリョフ、アナトーリー・ソロニーツィン、セルゲイ・シャクーロフ、アレクサンドル・ポロホフシコフ、ニコライ・パストゥーホウ
1920年代初頭、ロシア革命によりソ連が成立するも国内戦の戦火が治まらぬ混乱の時代、革命を担って死闘を繰り広げる男たちを描いたアクション映画。赤軍兵士らが護送する金塊をめぐり、白軍や無政府主義者たちが入り乱れて激烈な争奪戦が展開する。列車強盗あり、銃火戦ありのソ連版 “西部劇”。『太陽に灼かれて』(1994)や『シベリアの理髪師』(1998)で知られるニキータ・ミハルコフ監督の長篇第一作。

 

主催:神戸映画資料館、アテネ・フランセ文化センター
協力:ロシア映画社

《料金》入れ替え制
1本あたり
一般1200円 学生・シニア1000円
神戸プラネットシネマ倶楽部会員1000円 学生・シニア会員900円
アテネ・フランセ文化センター会員1000円
《割引》
当日2本目は200円引き


神戸大学・国際文化学研究科の研究プロジェクト
映画/ファッション/食

多様な研究者が集まる神戸大学・国際文化学研究科の研究プロジェクトとして開催する2日連続の公開研究会。1日目は「映画とファッション」というテーマで、衣装から日本映画の魅力を読み解くトークと上映。2日目は「映画と食」をテーマに、アメリカ、日本、イタリアの映画を解明する。当日の会場では、たかぎみき氏のイラストの展示も実施。

司会:板倉史明(国際文化学研究科准教授)

 

©日活

©日活

映画とファッション
2017年1月28日(土)

13:30~ トーク
たかぎみき(ホームページ「キネマ洋装店」店主)

14:30~ 上映
『街燈』
(予定)
(中平康監督、日活、1957年、91分、35mm)
フィルム提供:東京国立近代美術館フィルムセンター

上映終了後、ディスカッション(16:30終了予定)
たかぎみき、朝倉三枝(国際文化学研究化准教授)、板倉史明

たかぎみき イラスト展

たかぎみき イラスト展

 

映画と食
2017年1月29日(日)

13:30~ 講演「アメリカン・ホラーと人肉食——食肉の視点から」
小澤卓也(国際文化学研究科准教授)

14:15~ 講演「屠畜と日本映画」
岡田尚文(学習院大学大学院助教)

15:15~ 講演「イタリア映画における食」
中島梓(立命館大学非常勤講師)

16:00~ ディスカッション(16:30終了予定)

 

《参加費》 無料

協力:東京国立近代美術館フィルムセンター

企画:神戸大学大学院国際文化学研究科 国際文化学研究推進センター 研究プロジェクト 「領域横断的映画研究の推進」(代表者:板倉史明)


これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。