プログラムPROGRAM

ロシア・ソヴィエト映画 連続上映
第19回 ソヴィエト・ウエスタン

2017年1月21日(土)・22日(日)
1970年代に作られたソ連版 “西部劇” 二作品を上映。

「七発目の銃弾」Седьмая пуля
(1973/84分/35mm)ウズベクフィルム
nanahatsu01 nanahatsu02
監督:アリ・ハムラーエフ
脚本:フリードリヒ・ゴレンシュテイン、アンドレイ・コンチャロフスキー
撮影:アレクサンドル・パン、ハサン・ファイジーエフ
音楽:ルミーリ・ヴィリダーノフ
出演:スイメンクル・チョクモーロフ、ディロロム・カムバーロヴァ、タルガト・ニグマトゥーリン
1920年代、中央アジアに権力を樹立しようとするソヴィエト政権は、“バスマチ(中央アジアのムスリム)”の攻撃を受けていた。捕虜となった部下の救出のため、主人公はわざと敵に捕まる。ソヴィエト・ウエスタンの代表作の一つで、バスマチは典型的な反革命の悪役としてよく登場した。ただし、ソ連崩壊後は一種の民族独立運動として再評価が進んでいる。

 

「光と影のバラード」Свой среди чужих, чужой среди своих
(1974/95分/35mm)モスフィルム
hikaritokage01 hikaritokage02
監督:ニキータ・ミハルコフ
脚本:エドゥアルド・ヴォロダルスキー、ニキータ・ミハルコフ
撮影:パーヴェル・レベシェフ
音楽:エドゥアルド・アルテミエフ
出演:ユーリー・ボガトィリョフ、アナトーリー・ソロニーツィン、セルゲイ・シャクーロフ、アレクサンドル・ポロホフシコフ、ニコライ・パストゥーホウ
1920年代初頭、ロシア革命によりソ連が成立するも国内戦の戦火が治まらぬ混乱の時代、革命を担って死闘を繰り広げる男たちを描いたアクション映画。赤軍兵士らが護送する金塊をめぐり、白軍や無政府主義者たちが入り乱れて激烈な争奪戦が展開する。列車強盗あり、銃火戦ありのソ連版 “西部劇”。『太陽に灼かれて』(1994)や『シベリアの理髪師』(1998)で知られるニキータ・ミハルコフ監督の長篇第一作。

 

主催:神戸映画資料館、アテネ・フランセ文化センター
協力:ロシア映画社

《料金》入れ替え制
1本あたり
一般1200円 学生・シニア1000円
神戸プラネットシネマ倶楽部会員1000円 学生・シニア会員900円
アテネ・フランセ文化センター会員1000円
《割引》
当日2本目は200円引き


神戸大学・国際文化学研究科の研究プロジェクト
映画/ファッション/食

多様な研究者が集まる神戸大学・国際文化学研究科の研究プロジェクトとして開催する2日連続の公開研究会。1日目は「映画とファッション」というテーマで、衣装から日本映画の魅力を読み解くトークと上映。2日目は「映画と食」をテーマに、アメリカ、日本、イタリアの映画を解明する。当日の会場では、たかぎみき氏のイラストの展示も実施。

司会:板倉史明(国際文化学研究科准教授)

 

©日活

©日活

映画とファッション
2017年1月28日(土)

13:30~ トーク
たかぎみき(ホームページ「キネマ洋装店」店主)

14:30~ 上映
『街燈』

(中平康監督、日活、1957年、91分、35mm)
フィルム提供:東京国立近代美術館フィルムセンター

上映終了後、ディスカッション(16:30終了予定)
たかぎみき、朝倉三枝(国際文化学研究化准教授)、板倉史明

たかぎみき イラスト展

たかぎみき イラスト展

 

映画と食
2017年1月29日(日)

13:30~ 講演「アメリカン・ホラーと人肉食——食肉の視点から」
小澤卓也(国際文化学研究科准教授)

14:15~ 講演「屠畜と日本映画」
岡田尚文(学習院大学大学院助教)

15:15~ 講演「イタリア映画における食」
中島梓(立命館大学非常勤講師)

16:00~ ディスカッション(16:30終了予定)

 

《参加費》 無料

協力:東京国立近代美術館フィルムセンター

企画:神戸大学大学院国際文化学研究科 国際文化学研究推進センター 研究プロジェクト 「領域横断的映画研究の推進」(代表者:板倉史明)


ストローブ=ユイレ
音楽+映画、絵画+映画、そして歴史
2017年2月4日(土)・5日(日)
bach01

レクチャー:音楽+映画、絵画+映画、そして歴史
2月4日(土)16:50〜18:20 参加無料
渋谷哲也(ドイツ映画研究)
ストローブ=ユイレ映画の中でもっともよく知られている『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』の大胆な構成はどれだけ言葉を尽くしても称賛しきれない。歴史の再現ドラマを排しながらバッハという人物の芸術と愛と生涯を見事に浮き彫りにしてゆくからだ。映画(シネマトグラフ)が捉えられるのは事物に過ぎない。ストローブ=ユイレにおいて音楽と絵画は決して映画の中に浸透しない。そして歴史は現在形においてのみ痕跡を示す。そこに秘められた精神性を見出すのはひたすら観客の眼力と聴力に委ねられる。

bach02「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」
Chronik der Anna Magdalena Bach
(1967-68/93分/35mm)
監督:ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ
撮影:ウーゴ・ピッコーネ
出演:グスタフ・レオンハルト、クリスティアーネ・ラング
ストローブ=ユイレが最初に映画化しようとした作品。作曲家J・S・バッハの後半生を二番目の妻の視線から語る。出演者自身によるライブ演奏場面、バッハの自筆譜や手紙、教会や家庭のドラマ場面が交錯し、ドキュメンタリーとファミリーメロドラマの極めてユニークな融合を果たしている。

 

cezanne01「セザンヌ」
Cézanne
(1989/50分/35mm)
監督:ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ
撮影:アンリ・アルカン
詩人ジョワシャン・ガスケによる『セザンヌとの対話』第1章と第3章からセザンヌの言葉が朗読される。映像はセザンヌの絵画が動かぬフレームの中に提示される。そこにジャン・ルノワール監督の『ボヴァリー夫人』と自作『エンペドクレスの死』からの抜粋映像が挟まれる。

 

lothringen01「ロートリンゲン!」
Lothringen!
(1994/21分/35mm)
監督:ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ
撮影:クリストフ・ポロック、エマニュエル・コリノ
「ロートリンゲン」とは「ロレーヌ」のドイツ名である。本作はストローブの生地であるこの地方を巡りながら、様々な風景や歴史的記念碑を捉え、国粋主義的なフランス作家モーリス・バレスの小説『コレット・ボドッシュ』を引用しつつ、決して宥和できないフランスとドイツの関係を語る。

 

作品解説:渋谷哲也
協力:神戸ファッション美術館、アテネ・フランセ文化センター

《料金》入れ替え制
一般:1400円 学生・シニア:1300円
会員一般:1300円 会員学生・シニア:1200円

《割引》当日2プログラム目は200円引き
*招待券のご利用不可


これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。