プログラムPROGRAM

ロシア・ソヴィエト映画 連続上映
第29回 アンドレイ・コンチャロフスキー特集 後編

2020年1月25日(土)・26日(日)

アンドレイ・コンチャロフスキーが連続して手がけた文芸作品の映画化。新境地を切り開き、映画作家としての地位を世界的にも不動のものとした。

「貴族の巣」ДворянскоеГнездо
(1969/110分/35mm)モスフィルム

監督・脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー
原作:イワン・S・ツルゲーネフ
撮影:ゲオルギー・レルベルグ
音楽:ヴャチェスラフ・オフチンニコフ
出演:イリーナ・クプチェンコ、レオニ―ド・クラーギン、ベアタ・トゥイシケヴィッチ、ヴィクトル・セルガチョフ

19世紀中葉のロシア貴族社会を背景に、理想に燃えながら夢破れるインテリ貴族の悲劇を描く。愛と信仰にひたむきで、永遠に純真さを失わないヒロイン、リーザ役には、当時、演劇学校在学中の新人イリーナ・クプチェンコが抜擢され、次回作『ワーニャ伯父さん』にも続けて出演している。

 

「ワーニャ伯父さん」Дядя Ваня
(1971/104分/35mm)モスフィルム

監督・脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー
原作:アントン・チェーホフ
脚本:ユーリー・クレピコフ
撮影:ゲオルギー・レルベルグ、エフゲニー・グスリンスキー
美術:V・ラッポポルト
音楽:アルフレッド・シニートケ
出演:インノケンティ・スモクトゥノフスキー、セルゲイ・ボンダルチュク、イリーナ・クプチェンコ

痛風病みの老教授と若く妖艶な後妻エレーナ、宗教的な忍従と暖い愛の心を持った教授の娘ソーニャ、ソーニャとともに教授のために一生を領地の経営に捧げてきたワーニャ伯父さん、19世紀末の頽廃した時代にあってもなお、未来に希望を繋いでいる医師アーストロフらの登場人物が、たがいに交錯しあって結ぶことのない愛を織りなし、空しく孤独感を燃焼させる。

 

主催:神戸映画資料館、アテネ・フランセ文化センター
協力:ロシア映画社

《料金》入れ替え制
1本あたり
一般1200円 ユース(25歳以下)1000円
神戸プラネットシネマ倶楽部会員1000円
アテネ・フランセ文化センター会員1000円
《割引》
当日2本目は200円引き

これまでのプログラム|神戸映画資料館

※内容は予告無く変更する場合があります。

※作品によっては、経年退化で色褪せしている場合がございます。予めご理解ご了承の上、ご鑑賞くださいますようお願い申し上げます。