アクティブ・アーカイブ・プロジェクト 誰でもアーキビスト

「神戸の映画」上映会
『太陽の子 てだのふあ』
2018年2月11日(日)・12日(月・祝)

以前実施した〈「神戸の映画」大探索〉プロジェクトで、神戸の街が登場する映画をリストアップしました。
〈「神戸の映画」上映会〉は、それらの映画を鑑賞し、街の歴史と魅力を再発見するシリーズです。

taiyonoko01

 

taiyonoko04[上映]2月11日(日)・12日(月・祝)13:30〜
「太陽の子 てだのふあ」
(1980年/140分/35mm)
監督・脚本:浦山桐郎 原作:灰谷健次郎 撮影:安藤庄平
音楽:真鍋理一郎 美術:坂口武玄 編集:岡安肇 照明:熊谷秀夫
出演:原田晴美、大空真弓、河原崎長一郎、当山全拡、浜村純、殿山泰司

神戸で大衆食堂を営む沖縄出身の夫婦と小学生の娘、そしてその店に集まる人々の暖かい交流と背後に隠された暗い戦争の傷あとを描く。灰谷健次郎の同名の小説の映画化。

 

[トーク]2月11日(日)16:05〜16:50
ゲスト:山中速人(関西学院大学教授/社会学者)
聞き手:金千秋(FMわぃわぃプロデューサー/神戸映像アーカイブ実行委員会委員長)
阪神淡路大震災時、長田の駒ケ林には沖縄、奄美の人々、在日コリアン、難民として来たベトナム人がともに被災して集まっていました。今は琉球祭でのエイサーや沖縄食材のフェスティバルも盛んです。今回は、映画を入り口に沖縄と神戸の歴史的な関係を考えると同時に、広く移住や移民の問題についてお話をうかがいたいと思います。(金千秋)

《参加費》500円(11日はトーク付き) 《会場》神戸映画資料館


映画資料の整理作業メンバー募集

20150729

神戸映画資料館は、映画フィルム約1万本のほか、書籍や雑誌、パンフレット、ポスター、チラシ、写真、映写機材など、映画に関するあらゆる資料を収蔵しています。

民営のフィルム・アーカイブということもあり、恒常的な資金不足、人員不足によって資料の整理が十分できずにきました。しかし、フィルムのような扱いに専門知識を要するものは別として、ノンフィルム資料(書籍や雑誌、チラシなど)については、ボランティアスタッフの手を借りて、少しづつ分類作業を進めてきました。

そんな作業の過程で気づいたことがあります。
「映画のポスターやチラシの分類作業は、みんなでやると楽しい!」

もちろん、根気の要る地味な作業ではあるのですが、数十年前のロードショー公開用のチラシを見て、映画を見に行った当時を思い出したり、映画祭や自主上映などの歴史を感じる資料に触れ、映画の新たな見方に気づいたり…。

「アクティブ・アーカイブ・プロジェクト」では整理作業メンバーを募集しています。
まずは、お気軽にメンバーにご登録ください。

整理作業参加方法
1.下記フォームよりメンバー登録
2.事務局より、作業実施日時、場所、募集人数の案内メールを受け取る
3.参加希望の場合は、メールでその旨返信(都合が悪い場合はパスしてください)。
4.事務局より受付確認のメールを受け取る。
5.作業に参加。

*ご参加は中学生以上とします。
*交通費・謝金はお支払いできません。
*実施は、月1〜2回を予定しています。
*作業中のおしゃべりは歓迎ですが、資料の扱いは丁寧にお願いします。

映画資料の整理作業メンバー
登録フォーム

氏名

住所

メールアドレス

電話番号

職業(任意)

参加可能な曜日や時間帯、メッセージ(任意)


※内容は予告無く変更する場合があります。