神戸映画資料館

PROGRAM プログラム

2022年1月29日(土)・30日(日) 

古典映画超講義 映画史入門①

連続講座 古典映画超講義 クラシック映画を楽しむための6つのレッスン
2022年1月〜3月 全6回

古典映画、特にモノクロ映画は敬遠ぎみという映画ファンに捧げる3ヶ月、全6回の短期集中講座を開催します。
参加費の初回無料や先行予約など、若い世代を優待する企画です。ぜひこの機会にクラシック映画の魅力を発見してください。お楽しみはこれからだ!

映画史入門① サイレント映画の魅惑
2022年1月29日(土)・30日(日) *30日は前日の講座の録画

古典映画の基礎レッスン、全3回の1回目。選りすぐりの傑作映画を見ながら映画の歴史を楽しく学びましょう。

14:30〜 上映
「サンライズ」
Sunrise: A Song of Two Humans
(1927/94分/サウンド版/16mm)
監督:F・W・ムルナウ
脚本:カール・メイヤー
撮影:チャールズ・ロッシャー、カール・ストラス
出演:ジャネット・ゲイナー、ジョージ・オブライエン、マーガレット・リヴィングストン

 

16:15〜 講座(終了予定17:00)
講師:井上正昭(映画研究) *30日は前日の講座の録画
サイレント映画は、ただ古いだけの映画なのではない。それは映画の原点であり、根っこであり、そこには映画の本質が隠されている。サイレント映画は、声やサウンドや音楽を欠いた不完全な映画なのではなく、いま映画館で上映されている多くの作品とは異なる論理で作り上げられた映画なのである。最近の映画しか知らない人が、もしも一切の先入観を捨てて見るならば、サイレント映画は、古臭いどころか、むしろ全く新しい映画のように見えてくるはずだ。この最初の講座では、古くてまた新しいサイレント映画の世界とその魅力について考えながら、トーキー出現までの映画の歴史を駆け足でたどってゆく。参考上映作品には、サイレント映画の完成形といってもいいムルナウの傑作『サンライズ』を選んだ。そのめくるめく映像には、今の観客も圧倒され、たちどころに作品世界に引き込まれることだろう。映画史の知識も重要だが、ひとまずは、そんなことはすべて忘れて、この傑作を現在形で堪能していただきたい。

今後の予定
◉ 特別講座①〜③ 各回、講師の映画作家が選んだ古典映画を観賞し、映画の見方、楽しみ方を学びます。
講師:井口奈己『周遊する蒸気船』(2月11日・12日)、石井岳龍(3月)、濱口竜介(3月|オンライン)
◉ 映画史入門②③ 講師:井上正昭(2・3月)

《参加費》 上映+講座  ユース(25歳以下)無料(初回限定) 一般1000円
予約受付
受付開始 ユース優先受付:開催日の一ヶ月前から 一般:開催日の2週間前から
メールと電話によるご予約を承ります。鑑賞を希望される日時と作品名、お名前、電話番号をお知らせください。予約で満席でなければ、当日に予約無しでもご入場いただけます。
info@kobe-eiga.net 078-754-8039

KOBEアート緊急支援事業(映画館支援)

PageTop