神戸映画資料館

PROGRAM プログラム

2022年2月11日(金・祝)・12日(土)

古典映画超講義 特別編1

連続講座 古典映画超講義 クラシック映画を楽しむための6つのレッスン
2022年1月〜3月 全6回

古典映画、特にモノクロ映画は敬遠ぎみという映画ファンに捧げる3ヶ月、全6回の短期集中講座を開催します。
参加費の初回無料や先行予約など、若い世代を優待する企画です。ぜひこの機会にクラシック映画の魅力を発見してください。

特別編① お楽しみはこれからだ
講師:井口奈己(映画監督)
2022年2月11日(金・祝)・12日(土) *12日は前日の講座の録画

各回、講師の映画作家が選んだ古典映画を観賞し、映画の見方、楽しみ方を学びます。

13:30〜 上映
「周遊する蒸気船」Steamboat Round the Bend
(1935/81分/16mm)
監督:ジョン・フォード
脚本:ダドリー・ニコルズ、ラマー・トロッティ
撮影:ジョージ・シュナイダーマン
出演:ウィル・ロジャース、アン・シャーリー、ユージン・パレット、ジョン・マクガイア


15:05〜 講座:井口奈己
(終了予定16:00)
*12日は前日の講座の録画

ある先輩にあたる男性映画監督に君の映画は見てない。映画監督になると映画をなかなか見なくなるからね。と言われた事がある。私もその人の映画を見てなかったので、それはいいのだが、私は映画監督になってから映画を見るようになったので、前提がまるで違うのが面白かった。
映画の公開を控えてチラシの準備をしている時に、ふとハワード・ホークスもジョン・フォードも見ていないと言うと、目の前でチラシを折り込んでいたスタッフのMさんが、ピタリと手を止めて私の顔をまじまじと見ては、人生のお楽しみが残ってて良かったね、と言った。
そのMさんと一緒に映画館ではじめて見たのがジョン・フォード監督『周遊する蒸気船』で、息を吐くのを忘れたか、吸うのを忘れたか、どっちも忘れて死にそうになりながら隣に座っていたMさんの膝を叩きながら笑って、そしてこれが映画なら、絶対に映画など作れないんじゃないか?と泣いた作品で、フィルムで『周遊する蒸気船』が観たい!
世界の倫理観が変わって、もしかして劇場で観られなくなるような日が来たとしても、こっそりと上映して、未知の観客の度肝を抜いてほしいものです。(井口奈己)

今後の予定
◉ 特別編 各回、講師の映画作家が選んだ古典映画を観賞し、映画の見方、楽しみ方を学びます。
講師:石井岳龍(3月)、濱口竜介(3月|オンライン)
◉ 映画史入門②③ 講師:井上正昭(2・3月)

《参加費》 上映+講座  ユース(25歳以下)500円 一般1000円
予約受付
受付開始 ユース優先受付:開催日の一ヶ月前から 一般:開催日の2週間前から
メールと電話によるご予約を承ります。鑑賞を希望される日時と作品名、お名前、電話番号をお知らせください。予約で満席でなければ、当日に予約無しでもご入場いただけます。
info@kobe-eiga.net 078-754-8039

KOBEアート緊急支援事業(映画館支援)

PageTop