[date:2020.9.28]
■ クレジット決済スタート
ホームページから、賛助会員の年会費とご寄附のクレジット決済が可能になりました。
継続的にご支援いただけることは、アーカイブ活動の大きな支えとなります。

■ ウェブ・スペシャル[今月の1冊]
「ポーランドの映画ポスター 日本・ポーランド国交樹立100周年記念」

発行:国立美術館、国立映画アーカイブ、京都国立近代美術館
紹介:佐々木直子(神戸映画資料館 スタッフ)

[date:2020.9.18] 席数制限の緩和について
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、シアターへのご入場を座席数の二分の一の19席に制限してきましたが、10月より通常の38席に緩和いたします。なお、講演やイベント等は内容により座席数の制限を行います。ご理解とご協力をお願いいたします。

[date:2020.9.13] 10月のプログラム
■ 10月11日(日) 13:30 第49回 くにづか月イチ上映会 映像で見る昭和の生活文化
主催:くにづかリボーンプロジェクト、アスタくにづか神戸市保留床テナント会

■ 10月11日(日) 15:00〜 みんなで発掘・宝探し試写会 2020
主催:神戸映像アーカイブ実行委員会

■ 10月17日(土)・18日(日) フレデリック・ワイズマンのすべて vol.5
『法と秩序』(1969/81分) 『パブリック・ハウジング』(1997/195分)

■ 10月24日(土)・25日(日)前田憲二監督の長編記録映画 連続上映 第3回
『東学農民革命 唐辛子とライフル銃』(2016/111分)

■ 10月31日(土) 連続講座:20世紀傑作映画 再(発)見
第10回 最も物議をかもしたアメリカ映画──グリフィス『国民の創生』を再考する

『国民の創生』(1915/150分)監督:デヴィッド・ウォーク・グリフィス 伴奏:鳥飼りょう
講師:井上正昭(翻訳・映画研究)

[date:2020.9.7] 次回上映プログラム
■ 9月11日(金)〜15日(火) 13:30〜 16:00〜 *但し、12日(土)は16:00の回のみ
『れいこいるか』(2019/100分)監督:いまおかしんじ

13日(日)13:30の回上映終了後 舞台挨拶
いまおかしんじ監督、武田暁さん、河屋秀俊さん、西山真来さん

■ 9月12日(土)13:30〜 第48回 くにづか月イチ上映会 映像で見る昭和の生活文化
神戸映画資料館が所蔵するフィルムの中から、昭和の暮らしを写し出す映像を、毎回3〜4本(計約60分)上映してゆく新企画。
参加無料(アスタくにづか3番館1階の「コミュニティハウス」で整理券を進呈)
主催:くにづかリボーンプロジェクト、アスタくにづか神戸市保留床テナント会