[date:2021.4.20] 5月のプログラム
■ 5月8日(土) 連続講座:20世紀傑作映画 再(発)見
第11回 殺人者はわれわれの中に──フリッツ・ラング『M』を読み解く
『M』(ドイツ/1931/96分) 講師:井上正昭

■ 5月21日(金)〜23日(日) 追悼上映会 活動弁士・井上陽一
『最後の活動弁士 井上陽一の世界』(2016/46分)監督:高橋一郎
『御誂治郎吉格子』(1931/80分)監督:伊藤大輔 *井上陽一の録音活弁付き
トーク[22日のみ] 鵜久森典妙(プロデューサー)、大森くみこ(活動写真弁士)、ほか

■ 5月29日(土)・30日(日) フレデリック・ワイズマンのすべて vol.9
「高校」(1968/75分) 「高校2」(1994/220分)

[date:2021.3.30] 次回プログラム
■ 2週目 4月2日(金)〜4月6日(火) 『地獄の警備員』デジタルリマスター版
(1992/97分/監督:黒沢清)

■ 4月3日(土)・4日(日) 最後のプログラムピクチャーと呼ばれて vol.3
『痴漢電車 いやらしい行為』(1993/54分/35mm)監督:佐藤寿保 出演:林由美香、今泉浩一、伊藤清美
『本番レズ 恥ずかしい体位』(1994/62分/35mm)監督・脚本:瀬々敬久 出演:智恵子、深谷真琴、辻斬かりん